学ぶ

ビデオの品質に悪影響を与える要因

不利な照明

夜間、低照度、逆光、太陽の眩しさ、ヘッドライト、赤外線撮像などの極端なコントラストが原因で発生する映像の品質を低下させる困難な環境があります。これらの条件は、すべてのカメラシステムで撮影された画質に大きな影響を与え、効果がなく、有意義で実用的な映像を提供することができません。

気象条件

極端な気象条件は、すべてのカメラシステムの視認性に影響を与えます。  屋外で使用されるカメラの画質は、激しい雨、雪、濃霧、霧、霞などの影響を受け、実用的なデータをキャプチャする機会が失われることにより、著しく低下する可能性があります。

空気中浮遊粒子

環境中の空気中の浮遊粒子は、カメラが配信する画像の品質にも悪影響を及ぼします。この分野での代表的な課題としては、砂嵐、煙、スモッグ、汚れ、ほこりなどが挙げられますが、これらはすべて視認性を低下させ、高品質の映像を撮影するカメラの能力を低下させます。

高品質のビデオ分析

リアルタイムビデオを活用する戦略的な高成長市場の多くが直面している問題は、あらゆる環境条件で高品質の実用的なビデオを配信するために最適化された光学システムやカメラがないことです。以下のような妥協したビデオストリームでインスタントビジュアルクラリティの恩恵を受けることができる多くのアプリケーションがあります。セキュリティおよび監視、人工知能、コンピュータおよびマシンビジョン、自律走行車、都市交通監視、スマートシティ、ビデオ分析などです。

ja